マンションの共用廊下やエレベーターで人に会うのが嫌

私が数年前まで住んでいたマンションはかなり大規模で世帯数がとんでもなく多かったです。

はっきり言って私のような性格の人にはあまり合っていませんでした。

色々と何かと面倒でしたからね。

あまりにも世帯数が多いと人も多いわけなので騒音が凄いですしどこに行っても誰かとバッタリ会うことになり、少し面倒です。

しかも共用の空間が多いため自分以外の人と空間をシェアしなくてはいけない時間が長いということになりますよね。

常に集団住宅に住んでいるという感覚に襲われるので、あまり好きではありませんでした。とくに共用廊下が嫌でしたね。

たまたま私が住んでいた部屋のすぐ外に隣に住んでいる高校生二人が毎日欠かさず同じ時間に何時間も喋って騒いでゲームをしていました。

とてもうるさくて迷惑でしたが、それをやる高校生はかなり多いみたいですね。

禁止されているか分かりませんが、されていたとしても取り締まりがきっちりされるべきだと思いました。

そのマンションの前に住んでいたマンションは小規模で、一つの階につき二世帯しかない形のものでした。

私はそのときには二階に住んでいたので階段ですぐ部屋に着くことができましたし、共用廊下もありません。

繋がっているのは真隣の部屋の人だけなので、他の誰もその空間で喋ったり時間を過ごしたりすることなどありませんでした。

たまたま隣に住んでいる人たちもうるさくない落ち着いた大人家族の人たちだったので助かりました。子どもがいたりするとうるさい場合が多いですからね。

何より一軒家並みに部屋から外までの距離が短かったのも助かりました、大規模のマンションだと自分の部屋から地上に出るまでエレベーターに乗ったりしなくてはならなくて時間がかかりますからね。

外出が億劫になるときがあります。

大規模のタワーマンションなどでは世帯数が多くても一つの階に住む世帯数が少なかったりするみたいですね。

或いは限られたマンションでは一階につきい一世帯しか住まない作りになっているものもあるみたいですが、それが私にとっては理想的ですね。

共用廊下もいりませんし、誰も自分の部屋の真ん前で騒いだりしないはずです。

まあそういうタワーマンションは高い場合が多いですけどね。

とにかく私の場合はマンションは小規模の方が落ち着きます。

今は一軒家に住んでいるのでエレベーターを待ったりなどの面倒なことはありませんが、たまに友達のマンションに遊びに行くたび色々とマンションの共用の空間について思い出すことがあります。

今まで住んでいた中で一番魅力的だったアパート

これまで何度か引っ越しをしてきましたが、そのほとんどはアパートです。そして様々な経験をしてきました。

たとえば築年数がたっており、外見は古臭いものの室内が驚くほどきれいな部屋や、台所が外にあるアパートに住んだことがあります。

しかし近代的なアパートを見る機会もありました。仕事の都合で引っ越しをすることになったとき、とある駅前に部屋を借りる必要が生じました。

さすがに駅前とあり、おしゃれなアパートが多いと感じました。

いくつかのアパートを不動産会社を通して見ることができましたが、その中の一つは屋根裏部つきのアパートでした。

天井から垂れ下がっているレバーを引くと折り畳まれている階段が現れます。

そこを上ると屋根裏部屋に到着するわけです。

不動産会社の人は、「ここは荷物を入れておく収納スペースです」と言っていましたが、かなりの広さがあります。

実際に上ってみると窓はなく、さらに立ち上がると頭が天井につきそうになってしまいます。

それでも生活するのに十分なスペースです。

ここは2LDKのアパートでしたが、この屋根裏部屋を普通の部屋として使用すれば3LDKとして使用できると感じ、ここに住むことを決意しました。

恐らくこのアパートが魅力的だったのはこの屋根裏部屋だけではなく、床がフローリングになっていたり、白く塗られたベランダの手すりがヨーロッパの家を彷彿させるようなデザインになっているなど、おしゃれな部分がたくさんあったからだと思います。

しかし喜んでいたのもつかの間で、会社の都合により急遽勤務先が再び変更になり、このアパートに住むことができなくなってしまったのです。

しかしこのアパートを目にして以来、住宅情報誌や住宅情報サイトを見るときに「屋根裏部屋あり」とか「ロフト付き」という付加的な情報に過敏に反応するようになりました。

当時は妻と二人暮らしで、それほど広いアパートが必要であるというわけではありませんでしたが、屋根裏部屋やロフトがあると、生活スペースを広く取ることができます。

そのためこのような工夫は生活を大きく変化させるものであると感じています。

多少狭いアパートであっても、屋根裏部屋やロフトを上手に使用すれば、圧迫感のない広々としたスペースを確保できます。

後、比較的広い家に住むことができるようになり、現在はアパートではなく一軒家に住んでいます。

しかしアパートでの生活は忘れがたいもので、今でも引っ越しの際にワクワクしながら住宅情報誌に目を通したのを覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です